ホーム » 学校紹介 » 校歌

校歌

校歌 校歌2<校歌>

はじめて制定されたのは不詳であるが、現在親しみ歌っている校歌は、昭和29年校歌作成について上橋保氏に依頼し、明けて昭和30年三木露風先生により校歌歌詞の改訂になり、近衛秀麿氏により作曲される。
「鏡」と「玉」と「剣」の光による誉れ高き校歌は、本校を巣立った子どもたちの心の支えとなっている。

➀さくら もみじや きよき ながれや

やまと かわとの けいよき ところ

いぼの へいやの ちゅうおうに たつ

いとも うるわし われらが ぼこう

 

②かがみと たまと つるぎの ひかり

ほまれの こうきに そのいを くんで

つとめ はげめよ わがとも がらよ

たかき こころの みねをば めがけ

 

③くにの さかえと いのちの とみは

われらが みらいの かたにぞ かかる

いそしみ はげめ わがとも がらよ

こころ ひとつに いそしみ はげめ